平成26年 始動

明けましておめでとうございます。

今年はお天気にも恵まれ

穏やかでのんびりとしたお正月を過ごしました。

平穏無事な一年になるかしら

一変して今日は平成26年初の

湿度が上がって朝の寒さも少しは和らぎました。

20131104

インフルエンザも流行り始めたようですので、

十分な睡眠とうがい手洗いで

ウイルスを撃退しましょう

それでは本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

癒しの花

毎回、お久しぶりと書いている気がしますが、

本当にお久しぶりです

さて、

清々しいを通り越して

夏のような陽気となりましたね。

ここで暑さを和らげる癒しを少し

今年も、あまり手をかけずとも、

ちゃんと花を咲かせてくれたバラたちです。

Dsc_0144


Dsc_0145_3

つぼみの数が増えることはありませんが、

毎年咲きます。

植物ってスゴイですね。

手をかけない、

放任ガーデニングが良いのかな



可愛い

連日蒸し暑いですね。

熱中症予防にまめに水分補給をするようにしています。

さて、私の可愛い作品です。

湯呑・フリーカップ・小鉢に使えそうな器を集めました。

013

大小さまざま。

同じものは二度と作れません

なので一つ一つがとても可愛いです

また、作品の数が増えたらお見せしたいと思います。

新緑

長~~~~~い冬眠をしておりました

新緑の季節も、

うっかりしている間に通り過ぎてしまいますので、

庭の花の画像を少し


20120518_105058_1_2


20120518_105305_3


20120518_105537_2


20120518_105125_2 

花が咲いていると心も華やかになりますね。

現在は絹さやも育ってきているので、

毎日の収穫が楽しみです

毎年ありがとう!

11月も中旬を過ぎ、

12月が近づいてきました。

寒いはずですよね。

数年前に友人からいただいた鉢植え。

今年も見事に咲いてくれました

Dvc00082

毎年咲いてくれてありがとう!

毎日少しずつ花が開き、楽しませてもらっています。

来年も楽しみです

大きく育ちました。

蒸し暑いですね。

少し動くと汗が噴き出してきます

先日、懐かしい物が出てきました。

それは…

Dvc00332 私が編んだ孫たちのベストです。

10年以上前、

ありあわせの毛糸で編みました。

このベストを着て喜んでいた孫たちは大きく育ち、

今や立派な中学生になっています。

保育所のスモックの下に毎日着て登園してましたよ

ばいきんまん・ドキンちゃん・ピカチュー・ミッフィーなどのベスト。

キティーちゃんの編みぐるみは何個も何個も作りました。

懐かしいなぁ。

家庭菜園

こんにちは。

梅雨特有のハッキリとしないお天気が続いていますね。

そんなお天気でも、

我が家の家庭菜園でお野菜が育っています。

Dvc00328

今年初めて植えた『ズッキーニ』です。

いつもは頂くばかりでしたが、

今年は苗を買ってみました。

よく育ってくれて、濃い緑でつやつや

焼いたり揚げたりして食べてます

大輪の・・・

皆さん、こんにちは。

今日の千葉はとても蒸し暑く、

私の不快指数はとても高いです

少しだけ爽やかな話題を。

Dvc00176我が家のバラが咲いてきました

このバラは大きな花で、

訪れる方々にも評判が良いです。

大輪という言葉がとても似あいます。

今年は育ちが良く、

去年よりもつぼみの数が多いです

しばらくは目で楽しめそうです

大変ご無沙汰です。

大変ご無沙汰です。

改めて、

地震被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

私も先月、お隣の旭市内の避難所へお手伝いに行って来ました。

皆さんに一日も早く笑顔が戻りますように。




さて、今日はお友達に苺を沢山いただきました。

ありがとうございます。

Dvc00323 ジャム用との事だったので、

早速、苺ジャムを作っています。

パンと食べるのが楽しみ

おめでとうございます。

遅くなりましたが…

あけましておめでとうございます

みなさん素敵な新年をお迎えのことと思います。

さて、初出勤の日。

みんなで、お屠蘇?をいただきました。

と言っても、の運転がありますので

私の新作湯呑で温かい麦茶

032

カワイイ湯呑たちでしょう。

今年も、仕事に趣味に全力投球で頑張ります

本年もお付き合いの程、

宜しくお願い申し上げます。







«植木屋さん

作品展

  • 101114_104801
    工房で生み出した 作品の紹介です。 順次新作をご紹介します。

土筆陶庵 工房

  • 101114_104501
    私たちが作品を生み出す 「土筆陶庵」の工房の様子です。
無料ブログはココログ